ダビング10

ダビング10のページを説明

スポンサードリンク
最新の記事

【ダビング10】−仕組み@




「ダビング10」は、どのように「孫コピー」を規制しているのでしょう?
実は、その仕組み自体は、さほど複雑なものではありません。
基本的には、「コピーワンス」と同じだからです。

「ワンスコピー」は、コピーが一回だけ可能という仕組みのように思えますが、厳密には「一世代のみのコピーが可能」という考えで設計されています。
例で言うと、地上デジタルテレビ放送の番組をDVDレコーダーなどに録画した場合、これを「一世代目のコピー」とみなします。
この時点で、内蔵された放送データはコピー不可のデータとして処理されます。
よって、次にこのDVDレコーダーからDVDなど別のメディアへの録画を行なう事はできなくなるのです。

では、「ダビング10」は二世代目までのコピーを許可しているシステムなのかというと、実は違います。
コピーワンスと同じく、一世代目のコピーがされた時点で、そのデータは、コピー不可として処理されます。
もちろん、これではワンスコピーとなんら変わりませんよね。
どこが異なるのかというと、「デジタルチューナー搭載のHDD録画機器」に保存した時点では、一世代目のコピーとはみなさない、という点です。

こうすることによって、デジタルチューナー搭載のHDD録画機器に関してだけは、次のコピーが一世代目のコピーとなるので、別メディアへの移動が可能となったのです。
ただし、デジタルチューナー搭載のHDD録画機器から別のデジタルチューナー搭載のHDD録画機器に移動させた場合は、その時点でコピー不可データとなります。
これが「ダビング10」の仕組みです。



スポンサードリンク
超大型カジノサイト 遂に日本上陸    本格的なカジノゲームを無料で体験
オンライン麻雀で現金を稼ぐ!     オンラインスロットで現金を稼ぐ!

【ダビング10の問題点】−そのB

【ダビング10】

ダビング10の問題点の一つとして「孫コピーができない」ことが挙げられます。
そして、この問題点による最大の弊害として、2008年に東芝が撤退を表明した「HD DVD-R」の件があります。

この「HD DVD-R」の何が問題なのかというと、「HD DVD-R」に書き込んだデータを別メディア、例えば「Blue-ray disc」に移す事ができない、という事です。

このことは、かなり由々しき問題だと言えるでしょう。

というのも、既に撤退が決まっている「HD DVD-R」は、今後録画機能を搭載される事がないので、現在「HD DVD-R」に保存してあるデータを移行させることが難しくなってしまうからです。

もし「HD DVD-R」に貴重な映像記録、例えば子供の思い出となる行事事や、結婚式のときの映像などを保存していた場合、再生機が壊れてしまったら、もう見ることができなくなってしまうかもしれないのです。

「HD DVD-R」を「Blue-ray」専用再生機では見ることができませんから。

このようなことに関しては、何らかの対処をして欲しいところですよね。
「HD DVD-R」に記録したデータについては、もう知りません、というようなことでは困ります。

規格が統一されるのは消費者的には良い事だとは思いますが、その際に起こりうる弊害の後始末はしっかりとして欲しいものです。

今後「ダビング10」をスタンダードな規則として用いようとするならば、ある程度の柔軟性がなければ、中々浸透しないのではないでしょうか。
犯罪に利用されないようにする事、情報の保護などは、もちろん重要ですが、ユーザーに不満やストレスがたまるような規則では、意味がないのではないでしょうか。

「ダビング10」が今後どのような展開を見せるのか、注目です。




スポンサードリンク
超大型カジノサイト 遂に日本上陸    本格的なカジノゲームを無料で体験
オンライン麻雀で現金を稼ぐ!     オンラインスロットで現金を稼ぐ!

【ダビング10の問題点】−そのA

【ダビング10の問題点】−そのA

「ダビング10」の問題点の一つとして、いわゆる「孫コピー」が出来ない、ということがあります。

この「孫コピー」とは、コピーをした元のデータではないデータを、更に別のメディアなどにコピーするというものです。
つまり、「1→2、1→3」ではなく「1→2→3」というコピー方法のことですね。
そして、このようなコピー方法ができないという事は、元のデータが消えてしまったら、コピーは不可能だという事になります。

まぁ、この「孫コピー」については、問題というよりは、意図的に規制しているといった方が良いかもしれません。
ダビング10を犯罪防止として利用する以上、孫コピーを許してしまっては、あっという間に大量な複製が可能となってしまうからです。

ただ、「孫コピーも含めて9回まで」とすれば、この観点でのマイナス面はなくなるでしょう。
元のデータが消えてしまう可能性を考えると、孫コピーを1回は許可して欲しいというのが本音ですよね。

ほかに「ダビング10の問題点」として挙げられるのが、「有料放送への未対応」ということがあります。

地上波での放送は全てフォローしていますが、WOWOWのような有料放送に関しては、「コピーワンス」になってしまうというのがダビング10の現状です。
例えばですが、スポーツの試合を録画した時、それを複数の友人からダビングして欲しいと頼まれたとしても、できないのです。

視聴者側からすれば、これはあまり使い勝手が良いとは言えませんよね。

「有料放送だからコピーをする必要はない」なんて理屈があるわけでもないのですから、このあたりについても、もう少し柔軟性を持って考えてもらいたいものです。



【ダビング10の問題点】−その@


ダビング10は、コピーワンスと比べると、規制がだいぶ緩やかになっています。
とはいえ、それでも問題は山積みです。
そうでなければ、2008年の6月頃にはすでに成立していた筈ですから、かなりの問題があったと考えて良いと思います。

ダビング10には、実際に問題点が数多くあります。
例えば、デジタルチューナーを搭載したHDD録画機器に限定されているという点があります。
つまり、HDD非搭載の録画機器に関しては、ダビング10は適用されないのです。
この場合は、従来通りの動作となります。
録画機器の形態によってルールが異なるというのは、不公平感を感じずにはいられません。

また、ちょっと前に発売された録画機器では、ダビング10に対応していないということも、やはり不公平感を感じてしまいます。
少し前に機器を購入した人にとっては、損をしたような複雑な心境になってしまうのではないでしょうか。

こういった点も考えてみると、どうもダビング10は柔軟性に欠けているという印象があります。
それによって、視聴者がどうしたら良いのか迷ってしまうようでは、ルールとしては、やや稚拙という感じです。
問題点が指摘されるという時点でまだまだ考慮の余地があるように思えますが、やはり安易に決めてしまったという部分が多いように感じました。

とはいうものの、コピーワンスと比べた場合には、かなりマシになったというのも確かです。
視聴者がどういった規格・ルールを望んでいるのか、どのような録画形態であれば満足して利用できるのかといった点を、もう一度見直していけば、誰もが納得するような規格ができるのではないでしょうか。




【ダビング10】−その3

「ダビング10」の適用範囲はというと、基本的に全ての地上波の放送という事になります。
例えば、NHKさんの「ニュース7」でも、NTVさんの「行列のできる法律相談所」でも、TBSさんの「サンデーモーニング」でも、CXさんの「めちゃ×2イケてる!」でも、ANBさんの「ぷっすま」でも、テレビ東京さんの「開運! なんでも鑑定団」でも、その他、地方のローカルテレビにしても、全てが対象の範囲になります。

また、BSデジタル放送についても、無料放送については「ダビング10」の適用範囲になる予定です。

一方で、WOWOW、スターチャンネルなどの有料放送に関しては、「ダビング10」ではなく「コピーワンス」が適用される予定になっています。
こちらは、一回の「ムーブ」しかできないという事になります。

更に、「ダビング10」に関しては、HDDレコーダー、パソコンHDDなどへのデジタル放送録画についても適用されます。
これは、「ワンセグ放送」についても同様です。

現在では、地上波放送を見られるのはテレビだけ、という時代ではなくなりました。
携帯電話やパソコンなどでも放送が見られるます。
専用チューナーがあれば、PSPなどのゲーム機でも視聴する事ができます。

最近の「テレビ」と言えば、壁かけ可能な極薄の物か、持ち運びを考えた携帯性に優れた物か、迫力ある大画面の物か、といった3つの選択肢から選ぶという傾向にあります。

その中で、地上波放送を視聴する環境というのも、昔と比べてかなり変化してきています。
録画に関しても同様でしょう。
機能が便利になればなるほど、自分の都合に合わせた時間に見ることができる録画機能を重要視する人が増えるのは当然のことでしょう。
ですから、「ダビング10」には、必然的に大きな注目が集まるのです。



【ダビング10】−その2


「ダビング10」は、受信機を内臓したHDDのみに対応した、他のメディアへの「コピー」を9回、「ムーブ」を1回までとするルールのことです。(前回の記事を参考にしていただければと思います。)

この「コピー9回+ムーブ1回」の根拠は、「ポータブルデバイスの登場で、コンテンツにおける娯楽が多様化している為、携帯電話、各プレーヤーなどにおける扱いを考慮すると、一人あたり三つが適当。そして、一世帯における視聴者の数は平均三名なので、3×3で九個が妥当」(「情報通信審議会 情報通信政策部会・デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会」の説明より引用)という事です。

つまり、HDDからDVDやブルーレイディスクなどのメディアへのコピーだけでなく、ポータブルデバイスへのコピーを考慮に入れた結果、この計10回という数字が一番妥当なところであろうという結論に至ったというわけですね。

ただこの考えには、賛否両論があるかと思います。
ポータブルデバイスへのコピーを考慮したとして、「3回」という数字は何故導き出されたのか、そして、そもそも一世帯あたりの視聴者の数は、本当に平均「3人」なのか、といった疑問が残ります。

実際、この「9+1」のところを「19+1」にした所で、マイナス要素が出てくるのでしょうか。
「9+1」ならよくて「19+1」では駄目という理由は、あまり考えつきません。
仮に犯罪に利用されるとしても、10と20に違いがどれほどあるのかというと、おそらく大して変わりはないのではないでしょうか。

「ダビング10」がなかなか決定に至らなかったのも、こういったようなあやふやな面が多数あるからかと思います。
「ダビング10」という制度そのものに疑問が持たれてしまっていたわけです。




【ダビング10】−その1


地上デジタルテレビジョン放送(地デジ放送)が開始されるのにあたって、その録画形態には、いろいろな問題点がありました。

それは、デジタルデータというのは短時間での大量複製が可能なので、犯罪に利用されやすいからです。
その為、当初、総務省は、「コピーワンス」という一次コピーのみを可能にして、ダビング不可という規制を各メーカーに対し通達しました。しかし、これにはメーカー・視聴者共に不満が大きく、あっという間に却下されました。

実際問題として、録画に失敗する可能性だってもあるにもかかわらず、一回しか録画できないというのは、あまりに視聴者に対して厳しいものであって、これは当然の反応だと言えます。
その結果として、代替案として出てきたのが、「ダビング10」という規制です。

この「ダビング10」とは、デジタルチューナー搭載HDDレコーダーなどのようなハードディスク搭載の録画機器を対象としたルールで、その機器によって地デジ放送を録画後、DVDなどのメディアに対し、9回のコピーと1回のムーブが可能というルールです。
(ムーブというのは、他のメディアにその内容を書き込んだ際、元のメディアからはデータが消去される作業のことです。)

例えばパソコン上の作業なら、「コピー」はそのまま「コピー」、「ムーブ」は「切り取り」の事を言います。

コピー10回目は、自動的にムーブになって、元のメディアからは消える仕組みになっています。
なので、10回目のコピーと同時に元のデータは消えます。
ですから、必然的に10回のコピーしか行えないということになります。
これが、「ダビング10」の名称の由来ですね。

「ダビング10」とは?


「ダビング10」とは何のことなの?

それを語る前に、まずはその大元となる「地上デジタルテレビジョン放送」について説明したほうが良いと思います。
それは、「ダビング10」と「地上デジタルテレビジョン放送(地デジ)」とは、密接な関係があるからです。

「地デジ」という名称自体は、現在ではかなり多くの人がご存じだと思いますが、それが一体どういう仕組みなのかまでは、わからないという人も多いかと思います。
ということで、ここでは「地デジ」について見ていきたいと思います。

現在の「地上波放送」は、1953年から「UHFチャンネル」と呼ばれる電波のみを使用した「アナログ方式」での放送になります。
これに対して、他の電波をもっと有効に利用しようということで、「アナログ方式」から「デジタル方式」にして、より美しい鮮明な映像を放送しようというのが、地上デジタルテレビジョン放送、いわゆる「地デジ」なのです。

これは単に質だけを上げるということではなく、デジタル化することによって電波を圧縮し、スペースを生み、次世代機器も電波を使用できるようにするという意味合いもあります。
ただこれに伴って、現在のアナログ方式しか対応していないテレビは、デジタル化が完全に進んで、アナログ放送が終了する2011年7月24日以降は、テレビを見る事ができなくなりますので、地デジ用のチューナーを新たに導入する必要があります。

この地デジ放送の録画形態に関して、新たに設けられたルールが「ダビング10」なのです。
ある意味、技術の急速な発達によっていろいろな事ができるようになった弊害を抑制する為の制度とも言えるかもしれません。



 

□■ P R ■□
薄毛の原因を根本から解消する!〜効果がなければ全額返金〜
■育毛先進国米国式育毛メソッド■


スポンサードリンク