【ダビング10】−仕組み@

【ダビング10】−仕組み@のページを説明

スポンサードリンク
最新の記事

【ダビング10】−仕組み@




「ダビング10」は、どのように「孫コピー」を規制しているのでしょう?
実は、その仕組み自体は、さほど複雑なものではありません。
基本的には、「コピーワンス」と同じだからです。

「ワンスコピー」は、コピーが一回だけ可能という仕組みのように思えますが、厳密には「一世代のみのコピーが可能」という考えで設計されています。
例で言うと、地上デジタルテレビ放送の番組をDVDレコーダーなどに録画した場合、これを「一世代目のコピー」とみなします。
この時点で、内蔵された放送データはコピー不可のデータとして処理されます。
よって、次にこのDVDレコーダーからDVDなど別のメディアへの録画を行なう事はできなくなるのです。

では、「ダビング10」は二世代目までのコピーを許可しているシステムなのかというと、実は違います。
コピーワンスと同じく、一世代目のコピーがされた時点で、そのデータは、コピー不可として処理されます。
もちろん、これではワンスコピーとなんら変わりませんよね。
どこが異なるのかというと、「デジタルチューナー搭載のHDD録画機器」に保存した時点では、一世代目のコピーとはみなさない、という点です。

こうすることによって、デジタルチューナー搭載のHDD録画機器に関してだけは、次のコピーが一世代目のコピーとなるので、別メディアへの移動が可能となったのです。
ただし、デジタルチューナー搭載のHDD録画機器から別のデジタルチューナー搭載のHDD録画機器に移動させた場合は、その時点でコピー不可データとなります。
これが「ダビング10」の仕組みです。



スポンサードリンク
超大型カジノサイト 遂に日本上陸    本格的なカジノゲームを無料で体験
オンライン麻雀で現金を稼ぐ!     オンラインスロットで現金を稼ぐ!

□■ P R ■□
薄毛の原因を根本から解消する!〜効果がなければ全額返金〜
■育毛先進国米国式育毛メソッド■


スポンサードリンク